核家族化や少子化の影響で、昔のように古いしきたりや習慣にこだわったり、形式を重んじたりすることがだんだんなくなり、葬儀や埋葬、建墓に対する考え方も最近では見直す人も増えてきました。
また家の制度が薄らぎ、家と家との結びつきも親密ではなくなってきたことから、葬儀なども本当に親しい友人や家族だけでこじんまりと済ませてしまう傾向もなくはありません。
埋葬、建墓においても、嫁いだ家の墓ではなく、実家の墓に入りたいという人もあったり、自分一人だけの墓に入りたいと言う人など、様々です。


一方、生涯独身で過ごす人や、子どものない人は自分たちの葬儀をどうするのか考えなければなりません。
葬儀に関することは気軽に相談すると建墓の守ってくれる人がいなくては結局のところ、無縁仏になってしまうからです。
そういう現代の様相から、必ずしも埋葬、建墓にこだわらず、散骨や自然葬をする人が増えてきています。
また、自然に還りたいと望む人や、生前海が好きだったから死んだら海に遺骨を撒いて欲しいと自ら、海洋葬や樹木葬などを望む人もいます。
また、永代供養に関することなども品川区西五反田の桐ヶ谷斎場に伺うとこれらの散骨や自然葬は永代供養もしてもらえる上に、墓自体がないためにこの先の維持等の費用もかからないことから、一般の葬儀よりも安価で行うことが出来ます。
ただし、墓埋法(墓地、埋葬に関する法律)などの関係で埋葬許可証などの書類を自治体に提出しなければならないこともあるのであらかじめ確認することが大切です。
どんな形でも死亡届を提出することは忘れないようにしましょう。