証券取引所が持つ役割について

Pocket

レバレッジ活用がFXで儲けるカギ
証券取引所は、企業と投資家を繋ぐ役割を持っています。
企業では資金の調達のために証券取引所に上場をすることになります。
それ対して、投資家は証券会社を通じて証券取引所で株式の売買をすることになってきます。
この企業と投資家を公正に繋ぐ役割として証券取引所では、企業に対して上場前に各種の審査を行うようにしています。

証券取引所では企業から提出された書類を元にして、各種の上場条件に満たしている場合だけ上場を認めるようにしています。

企業によっては上場をすることで、不正に資金調達だけを行おうとするケースが起こり得ます。
そのため、証券取引所では投資家を保護する目的で、企業に対して厳しい審査基準を設けている状況があります。
また、上場企業はに対しては、定期的に情報の開示をすることを求めるようにしています。
その結果として、投資家は企業の決算状況や財務諸表などの詳しい情報を知ることができ、適切な投資判断が可能になってきます。
さらに投資家の保護のために、証券取引所では企業の明らかになっていない最新の情報が出た場合には、その銘柄の売買を一時停止するといった措置が取られます。
また、銘柄によっては1日で株価が大きくなる場合には、ストップ高やストップ安の措置が取られます。
ストップ高やストップ安の措置を取ることで、投資家に冷静な判断を促し、企業の大きな株価変動を抑えることが期待できます。
さらに1日で株価が10%以上の変動があった銘柄に対しては、信用の空売りを規制するといった措置が取られています。
これらの措置によって、公正な株価形成ができる環境が生まることが期待できます。