ハゲの基準の薄毛対策

Pocket

薄毛に悩んでいる人は意外と多く、実はまだハゲというほどの状態ではないのに自分はもう薄毛になっていると嘆いている場合もあります。
そこでハゲとはどのレベルからなのか、基準を知っておきましょう。
薄毛の多くは頭頂部かM字の辺りが薄くなっている状態のことをいいます。
薄毛の対策する時に気を付けなければいけない習慣頭頂部がはげていると判断できる基準はオレンジ色のライトの下に立って頭頂部全体的に頭皮が透けて見えている状態が頭頂部ハゲです。
この部分は普段の生活では自分で見ることがあまりありませんから気づくのも遅くなってしまうことがほとんどです。
ライトの下に立つ時には鏡を使って見ると良いでしょう。

オレンジ色のライトを選択する理由は髪と頭皮の色をちゃんと分けて見やすくなるからです。
これが白色ライトですとそうはいきません。

そしてM字ハゲは横を向いて耳の一番上から頭頂部へ線をのばした時にその場所の前後2cm以内に髪の生え際があれば、M字ハゲであると判断できます。
自分で見にくい場合は誰かに写真を撮ってもらって判断するのも良いでしょう。
この基準はAGA治療の専門クリニックでも使われている方法で、M字ハゲの進行具合を調べる時にチェックします。

この基準で薄毛の範囲に入っているようであれば早めに改善をするように行動したほうが良いです。
簡単にできるものとしては生活習慣を見直すことです。
例えば食事の栄養バランスを整えたり、良質な睡眠をとるようにしたり、ストレスを解消できるようにしたりなどができます。