医療レーザー脱毛でワキガ改善

Pocket

通常の汗臭さとは異なる、強い臭いを発するのがワキガの症状です。
この症状は医療機関で治療を受けることで改善されますが、実は脱毛用の医療レーザー施術でも改善される例があります。
ワキガは通常の汗が出る部分とは違い、アポクリン腺という場所から出てくる特殊な汗をかくことで、つらい症状を発生させます。
脱毛に使われる医療用のレーザーを照射すると、ムダ毛を奥のほうから取り除くことができますが、このムダ毛が生えていた毛穴の部分に、アポクリン腺へと続く場所が存在します。
しかし、医療レーザーの影響を受けた毛穴は、以前よりも引き締まるようになります。

引き締まった毛穴には雑菌が繁殖しにくくなり、アポクリン腺から出る汗と混じりあう量が少なくなります。
ワキガ独特の臭いを発するのは、アポクリン腺の汗そのものというよりは、周囲の雑菌に反応することによるものです。
雑菌の繁殖が抑えられるため、完全ではないものの、ワキガの嫌な臭いを軽減することが可能になります。
このような仕組みが、医療レーザー脱毛がワキガの改善に役立つという理由です。
但し、より効果的なワキガ改善を目指すのであれば、メスを使った手術を受けるなど、別の方法で治療を受けることをおすすめします。