短期決戦と長期決戦がFXにはある

Pocket

FXには短期決戦と長期決戦があり、どちらが優れているというものはありません。
傾向としては長期決戦というのは相場を分析して大きな利益を狙うのに対して、短期決戦というのは短期的に行き過ぎた動きに乗じて利益を狙うスタイルとなります。

ファンダメンタル分析的に将来的に円高になるあるいは円安になるという傾向が見えていた場合であっても、短期的に見れば逆方向に動くことになります。
FXをすることは会社で禁じられている副業扱いになるのか
長期決戦の場合にはそのような短期的なノイズに惑わされずに大きく構えることになりますから、多少相場が逆の方向に動いたとしてもすぐに損切りはせずに様子を見ることになります。

そのため、完全に見切りをつける状態というのは損失も大きくなってしまいがちですが、その一方で多少の利益では利食いをすることはなく大きく利益を伸ばして利食いをすることになるのでバランスが取れることになるのです。

短期決戦の場合には、ファンダメンタル分析よりもその時の相場の動きを重視してテクニカル分析によって取引を行うケースが多く、長期的に見た場合のノイズを拾う取引になりやすいものとなりす。
短期決戦の場合には損切りをするにしても利食いをするにしても早い段階で見切りをつけるようにして、短期間で小さな値幅を取る事ができるチャンスを虎視眈々と狙いチャンスのたびにエントリーを出して利益を狙おうとするスタイルとなります。

どちらも一長一短がある方法であるため、相場の流れは自身の取引スタイルにあった方法を選ぶのが良いでしょう。