葬儀での女性のブラックフォーマル

Pocket

葬儀において女性に求められる服装、参列におけるマナーには多くのポイントがあります。
葬儀に参列する場合、その場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着ることが求められます。
葬儀における1番の主役は亡くなった方、2番目にその親族ですから、親族でない限り、極めて控えめで落ち着きのある服装を心がけます。
最近では、喪服などもレンタルすることが可能ですが、突然の訃報にあわてないためにも、念のために冠婚葬祭に使用できる靴・バッグ等を、一式自分の手元に持っておいたほうが得策です。

また、普段ピアスやネックレスなどを着用している女性の方が多いですが、それら煌びやかな装飾となるようなのものは必ず外し、着用するのは結婚指輪程度にしましょう。
冬場に喪服の上にコートを着る機会もあるかもしれませんが、生き物の皮製のものは、本来、殺生を意味しており、死を連想させることから着てはいけません。したがって、毛皮のコートなどは葬儀の場ではなるべく避けましょう。
また、女性の喪服自体は、極力肌の露出を抑えるため、原則長袖となっているため、もし喪服がなくて何かで代用しなければならないとしても、丈が短いスカートやワンピースは着てはいけません。
基本的には、座った時に膝が隠れる、ひざ下丈のものが望ましいです。
亡くなった方を惜しむ気持ちや敬意を服装にも表すためにも、葬儀の際、女性の方はこれらのポイントに注意してください。